バリアフリー

barrier-free

高齢者社会を迎えるに日本において住宅のバリアフリーは
どうしても避けて通れないものになるでしょう。
住宅はその構造上どうしても段差ができてしまいます。
階段や部屋の境などはどうしても避けられないものですが、
そこにスロープなどを設けて解消することは可能です。
また階段はもちろん玄関やトイレ、お風呂など立ったり座ったりを
繰り返す場所にはぜひ手摺を付けることをお勧めいたします。
実際の生活で不自由さを感じる前に備えるようにしたいものです。


バリアフリーのリフォームメニュー

ドアの交換リフォーム

ドアが使いづらいと思ったこと・・・ありませんか?

手すり取付

誰でも手すりに摑まりたいときがあります。安心な生活を支えるわが家の手摺

おしリフト

足腰が弱い方、立ち座りに不安を感じる方にお勧めです。


バリアフリーのよくあるご質問

玄関ドアを引き戸タイプに変えたいと思いますが、大掛かりな工事になりますか?その工事期間中、不用心になることはないのでしょうか?

現在の玄関ドアの大きさにもよりますが、各メーカーで今あるドア枠を利用して交換できる玄関扉を発売しています。もちろん引き戸タイプもあります。欄間や障子部にガラスを入れることでより明るい玄関にあると思いますよ。またそういった商品ですと工事も一日で終わるので防犯的にも安心です。

ドアノブが回し辛くなりました、他に使いやすいドアの取っ手はありますか?

握力の弱ってきたお年寄りや手の小さなお子様、両手がふさがっていても大丈夫な下に引くだけのレバーハンドルや、指先だけで押す・引くだけの軽い操作で車イス利用時にも使いやすいプッシュプル式などがあります。

階段昇降機は設置できますか?

屋内・外共に可能です。直線式・曲がり階段等様々なパターンに対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

トイレのドアを使いやすい(開けやすい)ドアに変更できますか?

引き戸から開き戸や折れ戸へ、スペースがあれば開き戸から引き戸へと使い勝手や目的に合わせたドアへ交換する事ができます。また入口を大きくしたいなど開口の大きさを広げることも可能です。

手摺はどこでもつけられますか?

ほぼご希望の場所にお取付できます。お使いになられる方が使いやすい高さ・位置・形を考えて施工させていただきます。また補助の対象となる場合もありますのでお気軽にお問い合わせください。

バリアフリーの施工事例

怪我をしてからでは遅い!階段に手すりは必要

下野市 W様

詳細を見る

手摺一つで昇降が楽に。階段には必需品です。

真岡市 S様

詳細を見る