ドア・窓のリフォーム

door-window

窓は光と風を室内に取り入れるだけではなく断熱性や防犯性など
住まいの快適性と密接な関係にあります。
また、住まいの中で熱の出入りが一番多いのが窓です。
窓のリフォームを考えた場合、そのデザイン性とともに
お部屋の断熱性能向上も考えましょう。
逆に玄関ドアのリフォームの場合、風を取り入れる機能や防犯性能などと
ともにデザイン性も重視したいものです。
玄関は家の顔!帰ってくるのが楽しいドアにしたいですね。


ドア・窓のリフォームメニュー

リシェント

後付けリフォームシャッター

窓から安全と安心を

お部屋リフォーム・インプラス

騒音は勉強の大敵! 静かなお部屋を実現


ドア・窓のよくあるご質問

窓のリフォームは何日ぐらいかかるのですか?

ガラスの交換や内窓の取りつけは1ヶ所あたり、1~2時間程度が目安です。また、窓サッシ自体の交換の場合窓サッシのみの交換で済む場合は半日から1日程度、外壁の補修などが外部の工事が発生する場合は1~2日程度かかると思われます。どちらにしても現場調査・実測ということが必要になってきます。

木造住宅でこども部屋リフォームを考えているのですが、ついでに窓サッシの交換もしたいと思います。可能でしょうか?

窓サッシの交換を希望される目的によって方法はいろいろあります。まず冬結露などが発生したり冷気が入りやすいと言った場合は、窓自体の交換よりも内窓の取りつけをお勧めします。静かな環境を作ってあげる為の騒音・防音対策でもやはり内窓がお勧めですね。しかし窓自体の汚れ、劣化などの理由で交換をご希望でしたら本体の交換も可能です。しかし外壁のやり直しや補修等も発生しますので工事が少し大がかりになってしまう可能性があります。当社ではいずれにしてもこれからの窓のリフォームをお考えの方には樹脂製サッシをお勧めしています。

毎日の雨戸の開け閉めが大変でついついそのままにしてしまい防犯上も心配なのです何か良い対策はありまうすか?

雨戸を閉める効果と同じものを期待するのであれば、後付けのシャッターなどはどうでしょう、少しの力で開閉ができ、電動にも出来るので毎日の開閉が苦になりませんよ。また防犯上の心配であれば窓に防犯フィルムを貼ったり、防犯窓、面格子、や目隠しの取りつけもお勧めです。

夏の直射日光が暑くて困っています。カーテンをすれば良いのでしょうが部屋が暗くなってしまうのではと心配です。何か良い対策はありますか?

ガラスを遮熱性に変えれば60%程度日差しのカットを望めます。窓からの日射熱の侵入を少なくでき冷房効果を高めことができます。また、遮熱性のフィルムを貼るのも有効ですね、カーテンを閉める必要がないので部屋は明るくなります。もうひとつ建物の外から考えると、テラス屋根を付けたり必要な時間だけ開閉ができるオーニングなども日除けには効果的だと思います。

冬、朝起きると結露でガラスや、サッシのレール部分がビショビショになり、カーテンまで濡れます。ガラスを複層ガラスにすれば大丈夫と言われましたが、それで大丈夫でしょうか?

今のガラスを複層ガラスにすることである程度の結露は防げると思います。しかし当社では今ある窓の内側にもう一つの窓(内窓)の取付をお勧めします。隙間のできにくい樹脂製内窓を取りつけると今ある窓の間に空気層が生まれこれが壁の役割をしてくれるからです。その結果断熱効果や防音効果が生みだされます。気分的にもペアガラスの薄い壁より内窓の厚い壁が効果がある気がしませんか?

ドア・窓の施工事例

着替えが寒い!内窓を取り付けて浴室暖か!

真岡市 F様

詳細を見る

木製玄関ドアをアルミ製のドアに交換

宇都宮市 T様

詳細を見る